大手消費者金融が銀行と提携したところや、銀行に吸収された消費者金融があるなか、アイフルは唯一専業で残っている大手消費者金融です。
アイフルにはおまとめローンが用意されており、これまでアイフルを利用していたかた向けの「おまとめMAX」や他社から乗り換えを考えているかた向けの「借り換えMAX」があります。
アイフルは消費者金融なので、総量規制の年収制限を受けますが、「おまとめMAX」や「借換えMAX」は総量規制の「例外貸付」にあたるため、年収の3分お1をこえた申込でも、審査に通れば利用できます。

「アイフルのおまとめは金利がやすい」
おまとめローン「借り換えMAX」は年利12,0%~17,5%、融資限度額は最大で500万円となっています。
「おまとめMAX」は年利12,0%~15,0%、融資限度額は最大で500万円までが利用できます。
また返済期間も最長10年という長期返済が可能になっています。
金利を見てみると、一般ローンより低めに設定されており、「おまとめMAX」のようにアイフルの利用者は優遇金利になっています。

「アイフルのおまとめは審査に通りやすい」
アイフルは消費者金融なので、銀行カードローンと比べて審査に通りやすいというメリットがあります。
口コミなどの評判でも「銀行は駄目だったけれどアイフルではOKだった」とか、「他社借入4件なので駄目かと思っていたが審査に通った」などの声が聞かれますので審査に通りやすいと言えるのではないでしょうか。

といってもやはりおまとめローンなので融資限度額も大きくなるので、一般ローンよりもかなり慎重に審査がおこなわれます。
またアイフルの場合、一般ローンの金利に比べておまとめの金利は低めに設定されているので、なおさら厳しくなるでしょう。
当然審査にも時間がかかるので即日融資はできません。

「おまとめのデメリット」
通常、おまとめローンは複数の借り入れをまとめるのを目的で組むローンで返済専用のローンになります。
アイフルの場合も同様に返済中にお金を借りなければならなくなったからと言って追加で借入れをすることはできません。
しかし他社では、限度額に余裕があれば追加のキャッシングができるタイプのおまとめローンを提供しているところもあり、たとえば、東京スター銀行のおまとめローンのように融資限度額の範囲内であれば、追加の借り入れが可能です。
つまり、返済を続け、借入残高が減っていくと融資限度額までなら借入ができるというものです。
アイフルはそれができないというのが少し残念です。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら